京都市 下京区 心療内科 精神科 メンタルクリニック カウンセリング 復職トレーニング専門デイケア

お知らせ

2020年4月

2020年4月23日 (木)

BUCきょうとメンバーブログ】第89回:【長年のモヤモヤと、幸せな結末】

「子供の頃に聴いた曲が何だったのか思い出せず、モヤモヤする」っていうこと、ありますか?僕はよくあります。そんな中、先日Youtubeでその内の1曲が偶然見つかり、長年のモヤモヤが解決してスッキリするという経験をしました。Youtubeって偉大ですね。

ちなみにそれは「レンズマン」という80年代のアニメのエンディング曲でした。原作は戦前のアメリカのSF小説で、レトロフューチャー感がいい味を出しています。久しぶりにその曲を聴いてみると、「すごいメカが満載の宇宙船」とか「異星人の仲間」とか、そういうポジティブでキラキラした未来に憧れた少年時代の記憶が蘇って来ました。と同時に、ふと「今の作品にないもの」も見えたような気がしたのです。

 昨年末に観たスター・ウォーズの最終章。映画館でエンドロールが流れた時、「お金もかかってて見せ場も盛りだくさんだったけど、子どもの頃に観たスター・ウォーズに比べて、ほんの少し何かが足りないんだよなぁ…」という感覚が残りました。でもそれが一体何なのか、正直あんまりよく分からないままモヤモヤしていたのです。そんな折、Youtubeの一件をきっかけに、そのモヤモヤの正体が自分の中にある「未知の世界へのワクワク感」みたいなものだと気付きました。

「ああ、なるほど。」一応の正体らしきものを自覚し、とりあえずはスッキリした僕。しかし人間とは欲が深い生き物です。そんなきわめて個人的な感覚を、「誰かと分かち合いたい」。そんな風に考えるようになりました。そこで、本が好きな大学時代の先輩たちと連絡を取って、理解してもらえるかどうか不安に思いながら、そのフワフワした感覚を(それ以上にフワフワな言葉で)恐るおそる説明してみたのです。すると、先輩のうちの一人が、「ああ、それは『センス・オブ・ワンダー』と呼ばれるものだよ」と(わりと秒で)教えてくれました。

「センス・オブ・ワンダー」。ネットの辞書によると「一定の対象(SF作品・自然等)に触れることで受ける、ある種の不思議な感動、または不思議な心理的感覚を表現する概念であり、それを言い表すための言葉」とありました。さらに「それは1930~40年代のSF作品に見られる特徴であり、70年代におけるアメリカのSFはそれを取り戻そうとした傾向が見られる」とのことでした。それを読んだ時、僕はなんとも言えない嬉しさがこみ上げてきたのでした。

この掴みどころのない感覚を他の人に話して理解してもらえたこと、この感覚が予想よりもメジャーなものだということ、しかもそれをひと言で表す言葉まで存在するということ。「言葉って不自由だけれど、それでもチャレンジして人と話して良かった。同じ感覚を他人と分かち合うって素晴らしいなぁ。」そんな感覚を久々に味わえて、幸せな瞬間でした。

 

(ペンネーム:M・Y)

2020年4月 9日 (木)

BUCきょうとメンバーブログ】第88回:「自分で選ぶことは大切」

兄弟の家庭に、育児本を読みあさって、悩みに悩んで数冊お祝いにと送ったことがありました。お礼の返事ももらい、お勧めの本があればまた送って欲しいと言われ追加で送ったりもしました。一般的にも自己評価的にもいい本だったので、正しいこと、ためになることはたくさん書かれていたと思うのですが、奥さんから一部「母親としての役割の自分のいたらなさ」を責めるような返事を貰い、ショックだったのを覚えています。奥さんは、本に書いてある母親像と自分とを真っ向から比較されていて、「~ねばならない」に囚われていて、とても申し訳ないことをしたなと思いました。

前置きが長くなりましたが、同じようにBUCでも、課題図書を読んでいたり、講座を受けていたり、メンバーやスタッフとのやり取りの中で、いいことをたくさん学んで話して考えていると思います。ですが、そこから得たことの全部や多くを守ろうとすると、「~ねばならない」にしばられて、しんどくなってしまうのだなと兄弟の奥さんのことから気をつけようと思いました。色々な人と話したり、情報媒体から知識を得ることはいいことだと思うのですが、その後の自分に合った型に調整(咀嚼)して、自分にとって合ったものなのかを最後は自分で取捨選択して、多くを持ちすぎないようにする行程が大切なのかなと個人的に思いました。調整と取捨選択は、得たことをそのまま鵜呑みにして思考停止にならないように、自分で考えて、自分に責任をもつための大切な行程であると思います。持つ荷物を重くしすぎて、自分を潰してしまわないようにしていきたいです。何ごともほどほどに。

(ペンネーム:MK6)

2020年4月 8日 (水)

新型コロナウイルス感染症対策について お知らせとお願い(2020年6月更新)

6月1日付で全国の緊急事態宣言が解除されました。
 しかし、今後も引き続き、感染予防には注意して生活を続ける必要があります。
 当クリニックの患者さま、ご家族の方、バックアップセンターきょうとの利用者の方々におかれましても引き続き以下の感染防止対策にご協力をお願い致します。
 
1. 受診前にご家庭で体温の計測をお願いします。万が一、37℃以上ある場合は来院前にクリニックへ電話連絡をお願いします。また、同居のご家族様が体調不良を訴えられたり、発熱されている場合も来院前にお電話でご相談ください。
2. クリニックへ来院の際にはマスク着用をお願いします。
3. クリニック入室前に手指消毒をお願いします。(入口に設置しています)
4. 待合の混雑を避けるために、できるだけ予約時間にご来院ください。又、受診に必要のない方のご同伴はご遠慮ください。
 
※やむを得ず診察時間の変更や閉所となる可能性があります。そのような場合に当院から患者さま、ご家族の方にご連絡をいれさせていただく場合がございますので、電話連絡がつくようにお願い致します。
 
今後も職員一同、今出来る限りの感染防止策を検討し、医療を継続して提供できるように努めてまいります。皆様のご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。
 
令和2年6月


京都駅前メンタルクリニック所長 露木 美也子

2020年4月 2日 (木)

月刊きょうと/「変われる私」(2020年4月)

バックアップセンターきょうとの機関紙『月刊きょうと』の巻頭エッセイとして、利用者の方々に執筆していただいた原稿をアップロードしています。

今回は「変われる私」です。よければご一読ください。

このページのトップへ